性病と抗生物質にはどのような関係がある?詳しく調べてみた!

抗生物質と性病の関係について

抗生物質と性病の関係について

性病の治療には、一般的に抗生物質が用いられますが、性病の種類によって使用される薬剤は異なるといわれています。そして、症状が良くなったからといって、途中で抗生物質の服用を止めてしまうと、次に同じ症状を患った時に薬剤が効かなくなる可能性があるといわれています。このように、抗生物質と性病の関係は切っても切れない関係で、原因菌が特定されると、それにふさわしい薬剤を最後まで服用し、原因菌を完全に退治することが大切といわれています。

性病の原因菌を断つ!抗生物質はくすりぴあから

抗生物質の基礎知識

抗生物質の基礎知識

抗生物質の名前を知っている方は多いと思いますが、成分などの基礎知識を知っている方は少ないと思います。抗生物質とは、病気のもとになる細菌が増えるの抑制したり、細菌そのものを殺すことができる薬です。成分は自然界に存在するものから作られたもので、カビから発見されたペニシリンが有名です。現在は成分を抽出してより効果的なもの作り出すことができるようになりました。また天然のものだけではなく、人工的な抗生物質もあります。

性病薬はお薬Boxの通販で購入できます。

抗生物質が効かない性病はある?

抗生物質が効かない性病はある?

かつて淋病は、ペニシリンという抗生物質で治療すれば完治する性病でした。ところが近年、ペニシリンに耐性を持つ新種の淋菌が原因のスーパー淋病が現れ、抗生物質が効かない性病として警告されています。 症状が治まると途中で薬を飲むのをやめてしまいがちですが、体内の淋菌を完全に除去できていなくて再発した場合、薬に慣れてしまった淋菌が以前の薬では退治できなくなるため、抗生物質が効かなくなってしまうのです。こうした薬剤耐性菌を作らないために、症状が治まったからと自分で判断しないで、医師からの処方期間を守ることが大切です。

抗生物質は市販薬よりも通販で購入するのがおすすめな理由

性病の潜伏期間について

性病の潜伏期間について

性病の潜伏期間は、性病の種類や体質によっても変わってきます。目安としては、クラミジアは1~2週間、淋菌は2~7日間、トリコモナスは10日間、梅毒は3週間です。エイズは潜伏期間が長く、感染しても症状が現れない無症状期が1~10年ほど続くこともあります。性病は自然治癒することはありません。また、それぞれの性病の細菌に効果がある抗生物質を選ばないと、病態を悪化させてしまうこともあります。もし感染してしまったら、きちんと病院で治療を受けることが重要です。

性病はこちらの抗生物質で早期に治療しましょう!

抗生物質で性病の予防は出来る?

抗生物質で性病の予防は出来る?

抗生物質の中には性病の予防に効果的な薬もいくつか存在しており、その中でもマクロライド系の薬は抗菌力が強いことが特徴で、クラミジアに最も効果のある薬と言われています。マクロイド系の薬は抗生物質の中でも副作用が少ない薬となっているので、小児から高齢者まで幅広い世代の人が服用することができ、胎児への影響が少ないことから妊娠中の女性でも安心して服用できるくらい安全な薬となっています。抗生物質は自分の症状に合った薬を選ぶことが大切になります。