手汗は改善可能って本当?

多汗症の手汗は個人差がある?

多汗症の手汗は個人差がある?

多汗症の手汗には個人差があります。そのため悩みの度合いも個人差があると言えます。手汗はその量によって3段階のレベルに分けられます。

軽度では、湿ってはいるものの、濡れている様子は光の具合で見えたり見えなかったりといった程度。中等度では濡れているようすがはっきりと目視することができるものの汗が流れるほどではないレベル。

重症は手を開いたり閉じたりすると汗が手のひらでしずくになって流れるのが確認できるものをいいます。

このようにレベルによって本人が感じる悩み度合いも異なります。

なので、度合いに合わせてどの程度の改善を望むのか、飲み薬や塗り薬による治療なのか、あるいは内視鏡手術を選択するのかなど、医師との丁寧なやりとりが必要になります。

多汗症の手汗はどこまで改善可能?

多汗症の手汗はどこまで改善可能?

大量の汗で仕事の書類が濡れてしまったり、手が滑って危険な思いをしたりと、多汗症の症状で日常生活に支障を感じている人は少なくありません。

言うまでもなく最も困るのが滴り落ち続ける汗の存在で、困り感のある状況は手汗が減少することで改善することが見込まれます。

治療へのアプローチもいくつかの方法がありますので、患者さんの症状の強さや生活への支障の度合いなどを判断し、医師等相談しながら決めるのがベストです。

それらの治療により、日常生活に支障が出にくくなることも期待できます。治療方法は、投薬によって汗の出る量をコントロールするもの、薬品の注射によって交感神経を遮断する方法などが挙げられます。

手術を検討する場合には、実績のある専門の医療機関と相談するようにしてください。

多汗症の手汗は自分で改善するか病院で治療するかどちらが良い?

多汗症の手汗は自分で改善するか病院で治療するかどちらが良い?

多汗症の手汗には個人差があります。一般的な目安では手のひらは湿っているものの、濡れている様子が目視では光の加減で確認できたり確認しずらかったり、という程度が軽度と言われます。

手のひらが濡れいているのが簡単に確認はできるが、汗が流れるほどではないのを中程度、手のひらを握ってから開いたときに汗がしずくになってながれるレベルを重度としています。

改善方法は手袋などで一時的に自分で対処するのか、病院で治療するのかがあります。病院では塗り薬や飲み薬、ひどいケースでは内視鏡を使った手術という選択肢があります。

手汗には個人差があるため、日常生活における悩みの度合いも人それぞれです。どの程度の改善を望むのか医師の判断を仰ぎながら決めることが大切です。