手汗は手術で改善できるって本当?

多汗症の手汗は手術で完全に出なくなる?

多汗症の手汗は手術で完全に出なくなる?

ボツリヌス毒素製剤を手元に注射する事で、手汗をかく量を減らす多汗症の手術は、汗が完全に出なくなるわけではないので注意が必要です。

人間の手はある程度は汗をかかなければ、手元に多くの熱が溜まってしまいますから、汗腺の機能を完全にストップさせない方がいい場合もあります。

そのために多汗症の治療では、正常な範囲で手汗をかけるように調整しながら、ボツリヌス毒素製剤を注射しています。

第2交感神経や第3交感神経を遮断する手術の場合は、掌からの汗が完全に出なくなる一方で、他の部位からの汗が多く出るようになったという報告もありました。

自分の希望に合う手術のやり方を見つけるためにも、まずはカウンセリングを受ける事で医師の話を聞いてください。

多汗症の手汗の手術をすると他の汗も止まる?

多汗症の手汗の手術をすると他の汗も止まる?

多汗症の手汗で悩むケースは少なくありません。

成長期においては人と手を繋ぐなどのスキンシップの場面で気後れするといったことがストレスになり対人関係そのものを敬遠してしまうことがあります。

また大人になってからは道具が滑って仕事がしずらいであるとか、書類がすぐよれよれになって破れてしまうなどといった仕事上の悩みになりいずれも深刻です。

手汗の量は個人差がありますが、手のひらから汗がしずくになって流れるような重度の場合は、内視鏡による手術も選択肢としてあげられます。

10分程度の手術で脇の下から入れた内視鏡で背骨の付近の交感神経の束を切断するものです。

これによって顔、首周辺、脇の下の汗は止まりますが、これらの局所の汗を抑えたことで胴体などの別の局所で多汗になる代償性発汗がみられることもあります。

多汗症の手汗の手術をしても完治はしないの?

多汗症の手汗の手術をしても完治はしないの?

多汗症の症状を完全に治すことができるかどうかは、治療を受ける患者さんによって異なる部分が大きいものです。

どの程度をもって完治とするのかという定義は難しいものですが、手汗の量が大きく減って日常の様々な作業に不都合を感じなくなるレベルにまで改善することは、手術によって期待できると言えるでしょう。

手汗をかくことが全くなくなるということではなく、多汗症の症状を有していない人と大差のないレベルにまで症状を軽減するという観点では、改善が可能です。

もちろん、手術を受けることで生活への支障が軽くなり、快適になることは期待して良いと言えます。患者さん自信の困り感と、手術でどの程度の改善が見込めるかを、専門の医療機関に言って医師とよく相談してみてください。