汗かきは多汗症かもしれない?

多汗症の手汗と汗かきは違いは何?

多汗症の手汗と汗かきは違いは何?

誰でも暑い時やスポーツ等の運動をした後は汗をかきます。人間の体は体温が上がると汗をかいて、それが蒸発すると共に熱を発散して体の体温を下げるというしくみです。

その為誰でも汗をかくような状況、例えば真夏とか激しいスポーツをした時に、人より沢山の汗をかく人はただの汗かきです。

では多汗症の手汗と汗かきの違いは何かというと、必要以上に出て普段の日常生活に支障が出てしまうほどの場合は多汗症の可能性があります。

多汗症の判断基準としては、大きな原因がないにもかかわらず部分的な発汗が半年以上続き、なおかつ以下の症状の内、2つ以上当てはまった場合に多汗症と診断されます。

まず最初の症状が出たのが25歳以下であり、左右対称に発汗が見られたり睡眠中は汗が止まっていたり、1週間に1回以上症状があったり家族の中に多汗症の人がいたり、こうした症状で日常生活に支障をきたす場合等です。

多汗症の手汗は汗の量が多い?

多汗症の手汗は汗の量が多い?

多汗症の中でも「局所多汗症」と呼ばれる症状は「手の平」「足の裏」等一般の方と比較すると多の発汗が認められるという疾患で、原因の特定が困難な原発性のものと、外傷やなどの神経障害による局所性多汗症があります。

一般的にあまり認知度が高くない多汗症は、罹患者本人の方も病気の一種であるという認識がないという例も少なくありません。

単純に汗の量が多いということで、あまり生活に不便を感じていないという方も見られます。

しかし一方で、手汗の多さできわめて困難を感じている人も見られ、治療を希望する方も少なくありません。

どの程度の症状であるのかは、専門の医療機関で判定してもらえますので、受診をして重症度を調べてみるという方法があります。

医療機関では治療方針を含めて、多汗症についてじっくりと相談することをお勧めします。

多汗症の手汗はどの位汗をかくの?

多汗症の手汗はどの位汗をかくの?

多汗症は緊張している訳でもないのに、手や脇や足裏などから大量の汗をかく人の事ですが、これは手掌足蹠多汗症という一種の病気です。

症状の酷い人の中には常に手汗をかいていて掌が湿っているためにタオルを手放せない人や、放っておくと汗が滴って水溜りができてしまうほどの汗の量をかく人もいます。

それほど手汗をかく人だと大切な本や仕事の書類などを濡らしてしまいますし、大切な人と握手をする時にも自分の掌が濡れていないか気になってしまうでしょう。

多汗症の事を病気だとは知らず体質だと思い込んでいる人も多く、病院に行って治る病気だと知らない人も多いです。

生活に支障がでるほどの汗の量が出ている人は、一度病院で相談してみると良いでしょう。